気になる!ED治療のあれこれ

ED治療をしたい!と考えると色々と思うことが多いですよね。治療期間は?治療費はどれくらい?恥ずかしいので病院に行く勇気がないけど治したい、など色々とあると思います。そんなお悩みの方のお力に少しでもなれれば嬉しいです。

記事一覧

開発費を抑え低価格を実現したED治療のジェネリック

ED治療薬には、低価格で販売されているジェネリック薬もあります。
ジェネリック薬なら低価格で販売できるのは、研究・開発費を節約できるからです。
製薬会社が新しいED治療薬を販売する場合、研究や開発段階で膨大な費用が発生します。
その発生した膨大な費用を回収するために、販売価格が高額になっているのです。
ED治療のジェネリック薬を販売している製薬会社は、特許の切れた技術を使って生産し販売しています。
また、ジェネリック薬の多くを製造しているインドは、ジェネリック薬に関する国際条約に準拠していません。
インド製のED治療薬は、厳密にはジェネリック薬とはいえない状況となっています。
とはいえ、低価格でED治療の薬を購入することができるのは、製薬会社が研究・開発費を節約できているからです。
今後もED治療薬の特許切れは続くので、様々な治療薬のジェネリック薬が登場するでしょう。
しかし、ジェネリック薬と言っても、本来のED治療薬と同じ成分であるとは必ずしも限りません。
そのため、効果や安全性において本来の薬とは異なることもあり、安全に使えないこともあります。
研究・開発費を削り低価格で販売されているED治療薬を購入するときは、効果があり安全であるのか確かめておくことが必要です。
ネットには、ジェネリック薬の有効性や安全性について検証したサイトがあります。
そうしたサイトをいくつも見比べて、正しい情報を入手してから購入しましょう。
低価格につられて危険な薬を購入すると、効果がないだけでなく副作用が起きる可能性もあります。
安全・確実にEDを治療するためには、しっかりと開発され世界的にも認められた薬を使うことが大切です。

続きを読む

ED治療薬の研究の成果で日本で治療薬を提供!

経済的には豊かになった現代日本ですが、反面、深刻な社会的課題を幾つも抱えるようになりました。
その一つに、EDがあります。
勃起不全とか勃起障害と表現されていますが、軽度のEDまで含めると、相当数の患者がいるものと推測されています。
EDの範囲には、たとえば勃起状態に至るまでに非常に長い時間がかかるとか、挿入中の勃起状態を維持することができず、途中で萎えてしまうというケースも含まれているのです。
かなり多くの男性が、程度はともかくとして、EDで困っていることは想像に難くありません。
ことに、昨今では若い男性のEDも珍しくなくなってきています。
つまり、単に加齢による現象であるとばかりは言えないのです。
ストレスや大量のアルコール摂取、喫煙、食生活の乱れなど、多くの要因が絡んでEDが発生していると考えるのが適切でしょう。
ED治療の方法には複数のものがありますが、最も実績があるのは、治療薬の服用です。
現在、ED患者が増えてきていますので、医療機関でも違和感なく受け入れてくれます。
病院で医師の診察を受け、自分に適合した治療薬の処方を受けるのが、最も確実で迅速なED治療法と言えましょう。
医薬品の研究が進み、ED症状への有効性が確認された薬が登場しています。
現実に、薬の服用の結果、約8割の患者が症状の改善を自覚したとの報告も寄せられているほどです。
病院に行くことを恥ずかしいと感じている人もいるようですが、自分だけでなしに、パートナーのことも考慮して、速やかにED治療を受けるというのも思いやりとして必要なのです。
実際に、夫のEDでもって心まで離れてしまった妻というのは、少なくありません。
家庭を守るためにも、積極的にED治療に取り組んでいくことが大切です。

続きを読む

陰茎形成術の特徴とED治療の対応について

陰茎形成術と言うと、包茎手術などをイメージされる人も多いかと思われますが、包茎手術も一つの陰茎形成術に含まれるもので、包茎治療を受け事で鬼頭は露出する事になるため、皮膚と鬼頭の間に溜まりやすい汚れを常に洗い流せると言うメリットが在り、これにより衛生的に保てると言うメリットに繋がります。

また、皮膚が被った状態では性行為が難しくなること、包茎の状態にもよりますが、女性器に挿入する事で皮がめくられて、激痛を伴う事もあると言われています。

尚、陰茎形成術の中には勃起不全に悩む男性のための手術法も存在しており、陰茎形成術により勃起を求める事が出来るようになりますし、この手術を受ける事で自分の意思に応じて勃起が可能になる事、ED治療薬には副作用が生じる事が多いのですが、手術の場合はそれが無いと言うメリットも在ります。

但し、陰茎形成術は元の状態に戻すことが困難な事や技術を要すると言った特徴が在り、最後の手段として考える人が多いのが特徴です。

尚、勃起不全になることで性行為自体が困難になり、途中で中折れの状態になれば射精が出来ないため子供を欲しいと思っても作れない事になります。

国内の内科の中にはED治療の対応を可能にしている病院が多くあり、治療薬を使う事で勃起不全の症状を克服する事も可能になります。

陰茎形成手術の場合は、麻酔をするなどが必要になり、術後にはダウンタイムが在るため、その間の性行為は出来なくなりますが、ED治療薬の場合は必要な時に服用する事で性行為が可能な勃起状態になると言う便利さも在ります。

また、ED治療薬には色々な種類が用意されており、自分に合うものを選べると言うメリットが在る事からも、ED治療薬を選ぶ男性が多くいるのが特徴です。

続きを読む

慌ててセックスしなくてもすむED治療薬は後発医薬品

ED治療薬として初めて登場したのは有名なバイアグラという薬です。バイアグラは体内にある一種の酵素が勃起の終息をもたらすのを邪魔する薬で、この薬効によってEDの症状を治療します。バイアグラに続いて開発されたED治療薬レビトラも、バイアグラ同様に勃起終息酵素の作用を阻害する薬効成分を含んでいます。
バイアグラ・レビトラには、即効性がある一方で薬の効果の持続時間が短く食事の影響を受けやすいという特徴があります。そのためED治療のためにバイアグラ・レビトラを使用する男性は、セックスがいつになるかを考えながら薬を飲み、薬が効いている間に空腹のままであわててセックスをしなければならないという焦りが常にあります。
この点を改良して開発されたのが、第3のED治療薬として知られるシアリスです。シアリスも勃起を終わらせる体内酵素の働きを邪魔する薬を主成分にして造られていますが、いったん飲めば週末の性生活をたっぷり楽しめるという意味でウイークエンドピルと呼ばれるほど効果が長続きし、一度体内に吸収されれば食べたり飲んだりしてもあまり影響は受けないという性質を持つ薬です。そのためEDに悩む男性はとりあえず1回服用しておけば安心で、服用のタイミングがずれて薬がムダになることもないので大人気となり、世界のED治療薬においてシェアのトップを占めるに至っています。
シアリスには、後発医薬品も存在します。後発医薬品というのはいわゆるジェネリック薬で、製造特許の切れた新薬と同じ内容の薬を他の製薬メーカーが製造するものです。新薬のように製造のコストがかからないので市場での薬価は安く、新薬と同じ効果が期待できるのが後発医薬品の特徴でありメリットです。

続きを読む

医療に関わる日記とED治療薬と血圧降下剤について

ブログの中には医療に関わる日記が綴られているものがあります。
日記と言う事からも、毎日のように更新されていると言ったイメージを持つ人も多いのですが、日記には日々の言動や行動を綴ると言う意味が在るため、必ずしも毎日のように更新されているとは限りません。

医療に関わる日記の中には特定ジャンルにおいての情報が記載されているケースも在り、勃起障害などで悩む人の救いの手となる情報が明記されている事もあるわけです。

尚、勃起障害の事をEDと言いますが、EDの症状は突然起きるケースも在れば少しずつ症状が起き始めて来るケースが在ります。

昨日若しくは前回は勃起力も高く、性行為を難なく可能にしていたものが、突然硬くならない、硬くなっても硬さが不十分で中折れの状態になってしまうと言った症状が起きる事も在ります。

一度、勃起障害の症状が起きると、予期不安と言う形で症状が悪化してしまう事も在り、早めにED治療を受ける事、ED治療薬を処方して貰う事が症状を悪化させないコツにも繋がります。

尚、ED治療薬は血流を高める事で勃起状態に導き、勃起力を弱めてしまう酵素を阻害させる作用を持つのが特徴で、ED治療薬を服用した場合は血圧が上昇する事になると言います。

高血圧症の人などの場合は、血圧降下剤を使用して血圧をコントロールしている事になりますが、適正にコントロールされている場合であれば、血圧降下剤との併用は可能になると言われています。

しかしながら、血圧が急激に上昇すると言った場合には不安も出て来ることからも、ED治療薬を服用する場合には病院での処方が安心ですし、病院で処方を受ける事でかかりつけの医師が出来るため、副作用が生じた際にも相談に応じて貰う事が可能になります。

続きを読む

ED治療をして正常に勃起が出来るように対策を

男性の方は性行為の際に勃起が上手く出来ないととても焦りますよね。こうした状態が続いてしまっている場合は専門の病院で診断を受けるべきです。そこでEDと診断された場合は、すぐにED治療をする事が大切になります。
ED治療ではその原因を明確にすることと、治療薬を使用することになります。EDの原因としては高血圧などが原因となる場合と、精神的なストレスが原因になるケースが多いです。高血圧が原因の場合はまず食事を改善することが大切です。塩分の摂りすぎに気をつけて、脂っこい食べ物も控えながらバランスの良い食生活を心掛けるようにしましょう。また、血圧を下げる治療も同時に行うことで、勃起不全の対策となります。
精神的なストレスが原因の場合は、適度なストレス発散を心掛けるべきです。適度な運動やカウンセラーの利用なども効果的なので、ストレスを感じている方はこうした治療にも積極的に取り組むべきでしょう。
もちろんED治療薬を使用することは、短期間で勃起能力を正常なものにするためにとても効果的です。治療薬にはバイアグラやレビトラ、シアリスなどがあります。バイアグラは食事に影響を受けやすく、効果が出ている時間も短いですが比較的安価に手に入れることが出来ます。レビトラは即効性があるので、即効性を優先するのであればこちらが良いでしょう。シアリスに関しては食事の影響を受けにくく、長時間の効果を期待することが出来ます。このように治療薬にもそれぞれに特徴があるので、自分が使いやすいと感じるものを使用してみましょう。こうした治療薬は専門の病院で処方してもらうことが可能です。
このような勃起の対策をして、男性を悩ませるEDを克服していきましょう。

続きを読む

ドラッグストアのED治療薬の特徴について

いざ好きな女性と性行為をしようとしても、勃起をせずに強いショックを受けた男性もいることでしょう。
勃起不全に悩む男性は多いですが、誰にも相談できずに1人で悩んでいる人も多いです。
勃起不全とは性交時に勃起しない症状だけでなく、硬さが不十分な状態や勃起状態が維持できないなどの症状も含められます。
40歳代の男性の5人に1人、50歳代の男性の2.5人に1人が勃起不全に悩んでいると言われています。
勃起不全の原因は、加齢に伴うものならば動脈硬化が原因と考えられます。
動脈硬化になると、血管が十分に広がらなくなり血液の循環が悪くなるので、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まず勃起不全になりやすいというわけです。
他にも糖尿病や高血圧などの生活習慣病も、血管に大きな負担がかかるので勃起不全が起きやすくなります。
精神的なストレスがあると、性的な興奮がうまくペニスに伝わらないので、勃起不全が起きる原因になります。
性交がたまたまうまくいかないことがあるとトラウマになり、またうまくいかなかったらどうしようとストレスになるので、勃起不全の原因になる場合もあります。
ED治療としてドラッグストアで、精力剤を購入する人もいますが、ドラッグストアで売っている精力剤の特徴は、即効性を望むには難しいのでED治療としては、あまり効果がないといえるでしょう。
ED治療として効果が高いのは、バイアグラやレビトラ、シアリスのED治療薬です。
病院で処方してもらわないと手に入りませんが、ED治療の効果はすごく高いのが特徴です。
ED治療は命に関わる病気や痛みがある病気ではありませんが、男性としての自信が無くなると、仕事や生活に影響がでることもあるで、早めに治療をした方がいいでしょう。

続きを読む

ED治療の期間は平均でどれくらい?

いろんな場面で、ED問題が取り上げられるようになりました。勃起障害、勃起不全と呼ばれている症状のことです。多くの男性がED症状を抱え、若い年齢層でもEDに悩んでいる人が目立ってきたのですから、事態は深刻と言わなければなりません。夫婦や恋人の関係に亀裂が入り、破たんしてしまうことも頻繁です。EDの原因には、さまざまな要因が考えられています。昔は、加齢による自然現象と見られていたのですが、若年男性の発症が少なくないところから、他の原因も模索されています。医薬品の発達により、現在では秀逸な治療薬が提供され、かなり高いパーセンテージでED症状が改善するようになりました。もちろん、薬の服用による治療ですので、デメリットの部分もあります。医師の指示に従い、正しい方法で服用しなければなりません。ED治療に必要な期間は、どれぐらいなのでしょうか。そもそも、EDの原因として、心因性のものと身体的なものと、大きく二つに分類することができます。心因性のものは、職場や家庭でのストレスが原因であり、身体的なものは高血圧や糖尿病などの疾病に原因しているとか、あるいは、生活習慣の結果、血流が悪化して勃起力が失われていった状態のことを意味しています。心因性の場合は、治療薬を服用することで、自分に自信を取り戻せば、比較的短期間で完治する例が多いです。そして、完治した後の薬の服用は無用になることが一般です。身体的な問題がきっかけでのED症状は、治療期間は長引くものです。疾病を治癒し、タバコやお酒をやめて適度な運動をすることで、健康状態を良好な方向に持っていくことが大切です。いずれにせよ、まずは医師に相談してみることです。

続きを読む

ED治療は保険が利くの?利かないの?

EDで悩んでいる男性は、決して珍しくありません。一口にEDと言っても、症状の重さにはかなり大きな隔たりがあります。全く勃起現象が起こらないという重度のものもあれば、性交中の勃起状態を維持できないという比較的軽度のものまで、範囲は非常に広いです。ED症状を抱えている人は、全男性の四分の一とも言われ、いまや現代病の一つと言っていいでしょう。本人だけでなく、パートナーにもダメージをもたらしますので、EDが与える影響は極めて大きなものがあると言わざるを得ません。実際に、夫がED症状に陥ったことで、離婚に踏み切った妻の存在も非常に多いのが現実です。ED症状は人間関係の破綻をも招きかねませんので、事態は大変深刻であるのが事実です。ED治療のためには、医師に診断を受けて治療薬を処方してもらうのが最も適切です。ただし、注意しなければならない点があります。ED治療を受けるときは、健康保険は適用されないのが一般的です。とはいえ、ED症状が発生した原因によっては、健康保険の適用を受けながらED治療を受けられるケースもあるのです。それは、高血圧症や糖尿病といった生活習慣病がきっかけになってED症状が発症した場合なのです。また、男性更年期障害や性機能障害によってED症状が出てきたときも、健康保険が適用されるのです。ですから、一律にED治療には健康保険がきかないわけでは決してありません。原因次第で、社会保険が適用される状況もあります。ED治療にあたっては、そのED症状に見舞われたそもそもの原因にアプローチすることによっても改善が期待できるのです。まずは医療機関を訪れて、自分のEDの原因がどこにあるかを医師に相談することが先決です。

続きを読む