気になる!ED治療のあれこれ

ED治療をしたい!と考えると色々と思うことが多いですよね。治療期間は?治療費はどれくらい?恥ずかしいので病院に行く勇気がないけど治したい、など色々とあると思います。そんなお悩みの方のお力に少しでもなれれば嬉しいです。

2016年08月の記事一覧

ED治療の期間は平均でどれくらい?

いろんな場面で、ED問題が取り上げられるようになりました。勃起障害、勃起不全と呼ばれている症状のことです。多くの男性がED症状を抱え、若い年齢層でもEDに悩んでいる人が目立ってきたのですから、事態は深刻と言わなければなりません。夫婦や恋人の関係に亀裂が入り、破たんしてしまうことも頻繁です。EDの原因には、さまざまな要因が考えられています。昔は、加齢による自然現象と見られていたのですが、若年男性の発症が少なくないところから、他の原因も模索されています。医薬品の発達により、現在では秀逸な治療薬が提供され、かなり高いパーセンテージでED症状が改善するようになりました。もちろん、薬の服用による治療ですので、デメリットの部分もあります。医師の指示に従い、正しい方法で服用しなければなりません。ED治療に必要な期間は、どれぐらいなのでしょうか。そもそも、EDの原因として、心因性のものと身体的なものと、大きく二つに分類することができます。心因性のものは、職場や家庭でのストレスが原因であり、身体的なものは高血圧や糖尿病などの疾病に原因しているとか、あるいは、生活習慣の結果、血流が悪化して勃起力が失われていった状態のことを意味しています。心因性の場合は、治療薬を服用することで、自分に自信を取り戻せば、比較的短期間で完治する例が多いです。そして、完治した後の薬の服用は無用になることが一般です。身体的な問題がきっかけでのED症状は、治療期間は長引くものです。疾病を治癒し、タバコやお酒をやめて適度な運動をすることで、健康状態を良好な方向に持っていくことが大切です。いずれにせよ、まずは医師に相談してみることです。

続きを読む

ED治療は保険が利くの?利かないの?

EDで悩んでいる男性は、決して珍しくありません。一口にEDと言っても、症状の重さにはかなり大きな隔たりがあります。全く勃起現象が起こらないという重度のものもあれば、性交中の勃起状態を維持できないという比較的軽度のものまで、範囲は非常に広いです。ED症状を抱えている人は、全男性の四分の一とも言われ、いまや現代病の一つと言っていいでしょう。本人だけでなく、パートナーにもダメージをもたらしますので、EDが与える影響は極めて大きなものがあると言わざるを得ません。実際に、夫がED症状に陥ったことで、離婚に踏み切った妻の存在も非常に多いのが現実です。ED症状は人間関係の破綻をも招きかねませんので、事態は大変深刻であるのが事実です。ED治療のためには、医師に診断を受けて治療薬を処方してもらうのが最も適切です。ただし、注意しなければならない点があります。ED治療を受けるときは、健康保険は適用されないのが一般的です。とはいえ、ED症状が発生した原因によっては、健康保険の適用を受けながらED治療を受けられるケースもあるのです。それは、高血圧症や糖尿病といった生活習慣病がきっかけになってED症状が発症した場合なのです。また、男性更年期障害や性機能障害によってED症状が出てきたときも、健康保険が適用されるのです。ですから、一律にED治療には健康保険がきかないわけでは決してありません。原因次第で、社会保険が適用される状況もあります。ED治療にあたっては、そのED症状に見舞われたそもそもの原因にアプローチすることによっても改善が期待できるのです。まずは医療機関を訪れて、自分のEDの原因がどこにあるかを医師に相談することが先決です。

続きを読む